Top > その他カスタム情報
HTML convert time to 0.013 sec.


その他カスタム情報

Last-modified: 2009-09-15 (火) 23:59:20

その他カスタム情報 Edit

ここではカスタムスキン、カスタムサウンドなどの情報を取り上げます。

カスタムスキンの導入 Edit

まずはFPSBANANAという海外のFPS情報を集めているサイトからカスタムスキンをダウンロードしてください。

http://www.fpsbanana.com/skins/games/222

好きなskinをどーぞ

スキン変更方法まとめ
\Steam\steamapps\common\left 4 dead\left4dead にあるwhitelist.cfgを開き
"add" "materials/console/..."の行の下に"add" "materials/models/..."を追記する

http://www.fpsbanana.com/tools/3519をDLして同一フォルダ内のpak01_dir.vpkを開き
L4Dディレクトリの中に展開する

pak01_dir.vpkをテキストエディタで開きスキンを変更する箇所を書き換える(ここが難所)
DLしたスキンを展開したフォルダにぶちこめば認識するが微妙に面倒
pak01_dir.vpkは普通に文字化けする

(notepad ++unicode版にて、pak01_dir.vpkを編集し、カスタムスキンが有効化される事を確認しました。)

【参考例】http://www.fpsbanana.com/skins/54939のスキンをDLする
解凍したファイルを\left 4 dead\left4dead\materials\models\w_models\eq_painpillsに入れる
同一フォルダ内のw_eq_painpills.vmtを開き
$baseTexture "models\w_models\eq_painpills/w_eq_painpills2"に書き換える
こちらのファイルはプレイヤー自身以外のプレイヤーが装備している時に表示されるスキンなので
\left 4 dead\left4dead\materials\models\v_models\weapons\eq_painpillsを開き
中にあるファイルv_eq_painpills.vmtを編集し
$baseTexture "models\w_models\eq_painpills/w_eq_painpills2"
$bumpmap "models\w_models\eq_painpills/w_eq_painpills2_bump"
という風に書き換え保存すればプレイヤー自身が鎮痛剤を持った時に表示されるようになる

最後に\Steam\steamapps\common\left 4 dead\left4deadにあるpak01_dir.vpkを
テキストエディタで開きw_eq_painpillsで検索し以下のように書き換える
$baseTexture "models\w_models\eq_painpills/w_eq_painpills2"
$bumpmap "models\w_models\eq_painpills/w_eq_painpills2_bump"
書き換えが必要な箇所は2箇所だと思うたぶん

カスタムスキン作成 Edit

始めにカスタムスキンを許可するため、\Steam\steamapps\common\left 4 dead\left4dead内のwhitelist.cfgを開き
"add" "materials/console/..."の行の下に"add" "materials/models/..."を追記。
http://nemesis.thewavelength.net/index.php?p=26
上記サイトよりGCFScape最新版(1.71以降でないとvpkファイルを読み込めないので必ず最新版をDLすること)をDL
http://nemesis.thewavelength.net/index.php?p=41
同サイト上記URLよりVTFEDITをDL

L4Dのマテリアルデータは今までのSouaceエンジンのゲームと違い、Steamapps直下のgcfファイルではなく\Program Files\Steam\steamapps\common\left 4 dead\left4dead直下のvpkファイルに圧縮されている。
1.71以降のGCFScapeであれば通常のgcfを読み込む要領で解凍できる(pak01_dir.vpkをドラッグ&ドロップすればよい)

VTFファイルというのがスキンのデータなので、変更したいデータを適当なディレクトリに展開。
そのままでは編集できないので、VTFEDITを使いTGAファイルに変換する。
これもドラッグ&ドロップした後File→Exportで名前を付け保存。
同ディレクトリにTGAファイルとして出力されるので、これを画像編集ソフトで編集する。
その後はもう一度VTFEDITで編集後のTGAファイルを読み込み(VTF Optionsのダイアログが出るがそのままOKを押せばよい)、File→SaveでVTFに戻す。
VTFファイルの名前を付ける際は当然だがデフォルト名と違ったものにすること。
(例えば元データがZoey_colorであればZoey_color2にする等)
出来たファイルを\Program Files\Steam\steamapps\common\left 4 dead\left4dead\materials\modelsに置く。(プレイヤーモデルのスキンであればmodels直下のsurvivorsフォルダ内、フォルダが無ければ作成する)
最後に、pak01_dir.vpkをNotepad++などのテキストエディタで開き、$baseTextureから始まる変更したいスキン名の項目を変更後の名前に書き換える。
(先ほどの例だと
$baseTexture "models\survivors\TeenAngst/zoey_colorの行を
$baseTexture "models\survivors\TeenAngst/zoey_color2とする。全く同じ記述の行が2つあるが、変更するのは上にあるものだけで良い模様。)